【人気製品比較】本気のローヤルゼリー

本気のローヤルゼリー

シャーベットとローヤルゼリーを混ぜる

 生ローヤルゼリーは酸味が強く、なかなか飲み込めなかったり、続けられない場合があります。
そのような場合は、飲み物に混ぜたり、料理に混ぜたりすると食べやすくなります。
オススメな食べ方としてシャーベットに混ぜる方法があります。

 ローヤルゼリーの保存の仕方としては、酸化を防ぐために凍らせておくのが一般的です。
そのため、同じ状態のシャーベットとはとても相性がいいです。
また、生ローヤルゼリー独特の酸味の強さもゆずやレモンのような柑橘系のシャーベットならば、酸味どうしが味を打ち消してくれるためとても食べやすくなります。

 ローヤルゼリーは牛乳やヨーグルトとも相性が良いので、ミルク味やヨーグルト味のシャーベットと一緒に摂るのもオススメです。
しかし、シャーベットに含まれる糖分がエネルギーに変えられる際、ローヤルゼリーの有効成分であるビタミンB1が使われることがあります。
ビタミンB1は脳や神経系の機能を正常に保つ働きもあり、不足すると疲れやすくなったり、各臓器の不調、集中力や記憶力の低下につながることもあります。
ビタミンB1の神経系の効果をより多く得たい方は、シャーベットはなるべく低糖のものを選ぶといいですね。

 食べ方としては少し食べたシャーベットに生ローヤルゼリーを少し入れ、シャーベットに混ぜ込みます。
この場合、生ローヤルゼリーが直接舌に当たらないように気をつけましょう。

 また、ローヤルゼリーのシャーベットを食べる際に気をつけてほしいのがスプーンです。
ローヤルゼリーは金属に反応して酸化をしてしまうので、折角の成分が壊れることがあります。
栄養成分を少しでも多く摂るには使う容器やスプーンなどにも気をつけていただくといいですね。