【人気製品比較】本気のローヤルゼリー

本気のローヤルゼリー

ローヤルゼリーの恵み

蜜蜂がつくる優れた機能をもつ物質

通常の働き蜂よりも数倍大きい身体を持ち、寿命も非常に長い「女王蜂」。
そのパワーの源になっているのがローヤルゼリーです。

ここでは、蜜蜂が生み出す神秘の健康食品「ローヤルゼリー」について説明します。

選び方や効果なども分かりやすく解説していきますよ。
健康づくりや不調・悩みの改善に役立てましょう!

ローヤルゼリーとは?

そもそもローヤルゼリーは、他の蜂由来の食品とは全く異なる性質を持っています。
例えば、蜂由来の食品として代表的な存在である「ハチミツ」とは、その役割も栄養バランスも全く異なります。
その違いについて、ちょっと分析してみましょう。

ハチミツ

  • どんな物質?:働き蜂が集めてきた花の蜜を巣の内部で濃縮・熟成した物質
  • 色:赤っぽい黄色
  • 味:甘い
  • 使い道:働き蜂の食べ物

ローヤルゼリー

  • どんな物質?:働き蜂が集めた花粉や食べた蜂蜜を体内で消化分解し、下咽頭腺・下あご腺から分泌した物質
  • 色:クリーミーな乳白色
  • 味:強烈な酸味
  • 使い道:女王蜂だけに与えられる特別な食事

しばしば、ローヤルゼリーは「高級なハチミツ」「ハチミツ加工品」と勘違いされますが、実際は違います。

女王蜂だけが食べられる特別な食事で、その栄養バランスもハチミツとは比べものにならないほど優秀。
ビタミン、ミネラル、アミノ酸などが豊富に含有されている貴重な健康食なのです。

ローヤルゼリーだけに含まれる特有成分のデセン酸という栄養素もあり、その成分が様々な働きを発揮してくれるのも特徴。
強力な抗酸化作用や適度なエストロゲン様作用が期待できます。

コラム

働きバチが分泌したローヤルゼリーは、巣の内部にある王台とよばれる部屋に蓄えられていきます。
そこにあるのは、将来の女王蜂候補の受精卵たち。

つまり、将来女王蜂になる蜂の幼虫は、生まれた直後から栄養満点の食事を摂ることができるのです。
成虫になった女王蜂は、働き蜂の3倍もの体長を持ち、寿命は30倍~40倍とも言われています。
そして、一日に1500個もの卵を産み続けるのです。

遺伝的には働き蜂と全く同じでありながら、そのバイタリティは大きく異なります。
その背景になっているのがローヤルゼリーなのです。

だから、人間が活用した場合にも、健康や美容に大きく役立ってくれるのですね。

しっかり選ぶことが大切

ローヤルゼリーの製品は人気があり、どれを選べば良いか悩んでしまうほど数多く登場しています。
当然、販売されているローヤルゼリー製品すべてが高品質なわけではありません。
有用成分に乏しい製品や匂いが強くて飲めない製品など、粗悪品も往々にして存在しているのが実情です。

しっかり選ばないと、期待した効果を感じることはできないでしょう。
このサイトでは、真剣にローヤルゼリー製品を選びたい方を応援します!
高品質な製品の特徴や選び方は、こちらのページを参考にしてみてください。

含有される成分

ローヤルゼリーに含有されている成分について、簡単にまとめてみました!
こんな栄養素たちが、実感を引き出してくれます。

アミノ酸:ローヤルゼリーの中で最も嬉しい成分の一つ。必須・非必須を問わず豊富に含有されています。
身体をつくる基本の成分で、美容にも健康にも役立つ!

デセン酸:強力な抗酸化作用を持っていて、アンチエイジングに最適!ローヤルゼリーにしか含まれない特別な成分です。
女性ホルモンと似た働きであるエストロゲン様作用という機能もあり、これによって様々な体調不良を解消してくれます。
更年期の心身の悩みをケアしたい場合にもおすすめ!

このほかにも、ビタミンやミネラルなどが豊富に含有されています。

必須アミノ酸 リジン・ヒスチジン・フェニルアラニン・ロイシン・イソロイシン・メチオニン・バリン・スレオニン・トリプトファン
非必須アミノ酸 アルギニン・チロシン・アラニン・グリシン・プロリンγ-アミノ酪酸・タウリン・β-アラニン・グルタミン酸・セリン・アスパラギン酸・シスチン
ビタミン ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・パントテン酸・葉酸・ビオチン・ナイアシン・コリン・イノシトール
ミネラル ナトリウム・リン・鉄・カルシウム・カリウム・マグネシウム・銅・亜鉛・マンガン
糖質 グルコース・フルクトース・スクロース・オリゴ糖
特殊な成分 デセン酸(10-ハイドロキシ-δ2-デセン酸)

ローヤルゼリーの機能について

ローヤルゼリーには様々な働きが期待されています。
その働きは、世界中の研究機関で研究が進められていて、徐々に明らかになりつつあります。
例えば、こんな視点で研究が進められている様です!

○アンチエイジング・老化予防
○高コレステロール血症(脂質異常症)
○血糖値
○女性特有の悩み(PMS)
○肌の乾燥・しみ・しわ
○不安・ストレスなどについて

もちろん、いずれの問題に関しても、全てが解明されたわけではなく、研究は続けられています。
また、これ以外にも数多くのパワーが秘められているとも考えられています。