【人気製品比較】本気のローヤルゼリー

本気のローヤルゼリー

ローヤルゼリーの安全性と品質管理

http://www.visitbacomd.com/gr.htmlにも書いてあるように毎日継続して摂取する、健康食品であるローヤルゼリーですが、せっかく摂取するのであれば、安全性の高いものを摂取したいものです。
安全性を考えるのであれば、やはり国産のものが良いと思われる方も多いと思いますが、日本でローヤルゼリーを量産するのは非常に難しいため、価格が高いものが多いようです。
そのため、多くのローヤルゼリーの取り扱いメーカーでは、中国産や台湾産のものを扱っているようです。

中国や台湾で生産されたものだから、国産に比べて安全性が低いのではないかと思われる方もいるかと思いますが、全国ローヤルゼリー公正取引協議会という機関が厳しく品質をチェックしており、それに合格した製品には
公正マークがつけられているので、そちらを目安にすることができます。
具体的に、どのような審査がされているかを簡単にご紹介します。

まずは品質について。
水分量やデセン酸の量が基準に適合しているかということや、大腸菌など危険な菌が混入していないかどうかということをチェックします。
次に製造する施設について。

作業スタッフの衛生管理状態のチェックから、製造工程や加工施設の衛生管理、設備状態などが基準を満たしているかということをチェックします。
そして表示規格について。
不当な表示がされていないかということや、必要な表示がきちんとされているかということなどを審査します。

http://zadeline.com/trust.htmlにも書いてあるように、こういった厳しい審査を通過した製品だけが、公正取引協議会の公正マークを表示することを許されているため、このマークが表示されているということは、安全について安心して良いということになります。
ローヤルゼリーの多くは、前述したように中国や台湾で生産されたものなのですが、中にはタイやニュージーランドなどから輸入されたものもあるようです。
しかし、同じ輸入品でも中国や台湾に比べて輸送に時間がかかってしまうため、その分鮮度が落ちてしまうということがあるため、できるだけ日本に近い産地のものを選ぶと良いかと思います。

中でも台湾のローヤルゼリーはオススメで、台湾という国は年間を通して暖かい日が多く、ミツバチが暮らしやすい環境にあるようです。
そのため量産しやすく、また品質管理もしっかりと行われているため、新鮮さの面でも安全性の面でもオススメなのです。
どうせローヤルゼリーを摂取するのであれば、前述したポイントを参考に、安価で鮮度が高く、安全性の高いローヤルゼリーを選ぶようにしましょう。