【人気製品比較】本気のローヤルゼリー

本気のローヤルゼリー

ローヤルゼリーの臭いと味

ローヤルゼリーはミツバチが作り出す女王蜂専用の特別食であり、非常に豊富な栄養価が含まれています。
私たちもこの恩恵を受け、健康食品としていただいています。

そんなローヤルゼリーですが、ミツバチが作り出すということで蜂蜜のような味わいや甘い香りを想像しているという人も多いのではないでしょうか。

実際のところ、蜂蜜とローヤルゼリーの香りや味わいはどのような違いがあるのでしょうか?

まず蜂蜜に関しては、私たちの普段の食生活でもよく取り入れられることも多いので、すぐに想像がつくのではないかと思いますが、非常に甘味が強くて花のような香りがします。
これは、蜂蜜はミツバチが集めてきた花の蜜が原料となっているからです。
そのため、その成分のほとんどが糖質でできています。
甘味と花のような香りはこのためなのですね。

では、ローヤルゼリーはどうなのでしょうか?
実はローヤルゼリーの香りや味わいは蜂蜜とは似ても似つかないものです。
黄色のトロリとした蜂蜜とは違い、乳白色でドロドロとしているローヤルゼリーは、
酸っぱいような香りがし、初めて匂いを嗅ぐ人は「腐っているのでは?」と思われることもあるようです。
そして気になる味わいも非常に独特で、ピリッとした強い刺激を舌に感じ、酸味も強くて、ハッキリ言えば「まずい」と感じる人が多いようです。

しかし、この刺激や酸味こそが新鮮かつ栄養価が高いという証拠であると言われています。
ローヤルゼリーには各種ビタミンやミネラル、必須アミノ酸などが非常に豊富に含まれており、完全食品とも言われているようです。
そのまま生で食べるという方法が一番効率よく栄養価を摂取することができるオススメの方法なのですが、前述したように非常に食べにくいものです。
そのため、一般的に販売されている製品は、生ローヤルゼリーをソフトカプセルに入れて飲みやすくしたり、乾燥させて甘味料などを加えて調整したりしたものが主となっています。
生で食べたいのであれば、ヨーグルトやジャムなどと混ぜて飲むと、少しは食べやすくなるようなので、一度色々な方法を試してみるといいかもしれませんね。
こちらのローヤルゼリー製品の選び方についても参考にご覧ください。