【人気製品比較】本気のローヤルゼリー

本気のローヤルゼリー

ローヤルゼリーによる病気の予防と改善 口内炎

 誰もが経験のある病気と言えば口内炎もその1つではないでしょうか。
できてしまうと物が食べにくくなり、完治するまで1~2週間かかり憂鬱な気分になりますよね。
ローヤルゼリーには口内炎をできにくしたり、口内炎の症状を軽減する効果もあります。

 口内炎は大きく2種類に分けられ、1つは口内に口内炎の原因がある原発性口内炎、もう1つは身体の栄養状態や病気から起こる症候性口内炎です。

 原発性口内炎は熱い食べ物を食べたり、入れ歯や矯正器具があたるなど口腔内の粘膜が物理的刺激にさらされて起きるカタル性口内炎と、歯磨きが不十分で口内がウイルスに感染して発症するヘルペス性口内炎があります。

 症候性口内炎には、疲労やストレス、胃腸の病気、ビタミン不足などによる免疫力の低下や内分泌異常などの全身疾患が原因となって発生するアフタ性口内炎と、栄養失調による免疫力の低下や口内の不潔な状態による常在菌カンジダが異常増殖して発症するカンジダ性口内炎などがあります。

 口内炎ができる主な原因は物理的な刺激や免疫力の低下です。
特に免疫力の低下が直接的にも間接的にも原因になります。

 自然界でローヤルゼリーにしか存在しない特有成分のデセン酸は、天然の抗生物質と言われており、自律神経の健康を維持してくれます。
自律神経が安定すると、血液内の白血球の働きが安定し免疫力が高まり、体内に細菌やウイルスの侵入を防いでくれます。
また、ローヤルゼリーに含まれるパントテン酸には細菌やウイルスへの抗体作成を促進する作用があり、デセン酸と一緒に働いて免疫力を高めてくれます。

 口内炎は体が疲れていたり、風邪をひいて免疫力が弱まっている時に粘膜の刺激だけでできる場合があります。
この粘膜の炎症を起こしにくくする重要な栄養素がビタミンB2とビタミンCです。
ローヤルゼリーにはタンパク質やアミノ酸をはじめ、10種類のビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
特にビタミンB群は豊富に含まれており、ビタミンB群は単独で摂取するよりも各ビタミンをまとめて摂取することで相乗効果が期待できるため、ローヤルゼリーはまさにピッタリの栄養源です。

 さらに口内炎はストレスが溜まると出来やすくなりますが、ローヤルゼリーに含まれるアセチルコリンという神経伝達物質は自律神経を整えてストレスを軽減してくれるため、口内炎の予防にも効果的です。

 ローヤルゼリーには抗炎症作用や細胞増殖促進作用があることから、飲むだけでなく塗ることでも口内炎の悪化を抑え、治療促進に効果があることがわかりました。
特に、ガン患者の方は、ガン化学療法中、副作用として30~40%の確率で難治性の口内炎が出現します。
難治性の口内炎の場合が多く、発症面積も広いため、生活の質を低下させます。
抗がん剤投与をしている口内炎モデルにローヤルゼリーを含むワセリン軟膏を1日1回塗布したところ、ローヤルゼリー濃度が高いほど口内炎が縮小しているという報告されています(参照:山田養蜂場/愛媛大学共同研究 2006年9月)

 飲んでも塗ってもいいローヤルゼリーを摂取することで、口内炎予防や治療に取り入れてみてはいかがでしょうか。