【人気製品比較】本気のローヤルゼリー

本気のローヤルゼリー

ローヤルゼリーによる病気の予防と改善 筋萎縮症

 高齢になってくると歩く速さが遅くなったり、重い物が持てなくなったりします。
これは筋肉の量が加齢に伴って減ってくるのが原因です。
人の筋肉量の減少は、個人差はあるものの25~30歳頃からすでに始まっているといわれています。
筋肉は加齢とともに、筋肉を構成する筋繊維数の減少と筋繊維自体が萎縮してしまい、筋肉量の低下がみられます。
実際、加齢に伴う筋力低下の本質は筋萎縮によるものが多いです。

 高齢者が寝たきりになる要因の1つ「サルコペニア」(加齢性筋萎縮症)がありますが、ローヤルゼリーはこの「サルコペニア」の予防効果があると言われています。

 「サルコペニア」を予防するには、早い段階から筋肉の量や機能を維持していくことが大切です。
マウスによる実験によると、高齢マウスの筋肉量がローヤルゼリーを3か月間摂取することによって筋肉量の増加がみられると同時に、筋力の低下を防止したとの報告があります。
また、筋肉を損傷させたマウスにローヤルゼリーを投与することで、筋肉細胞増殖の促進や、筋肉の老化も軽減するなどの効果もみられたそうです。
(参考:Journal of Gerontology:Biological Sciences)

 また、ローヤルゼリーには豊富な栄養素が含まれており、高齢者だけでなくスポーツ選手などのアスリートの方の筋肉作りにも利用されています。
 ローヤルゼリーには人間の身体に必要なたんぱく質をはじめ、体内で作られない必須アミノ酸やビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれています。

 ローヤルゼリーには含まれる必須アミノ酸のうち、特に、バリン・ロイシン・イソロイシンは、別名「BCAA」と呼ばれ、筋肉のために重要な成分です。
「BCAA」は体内に取り入られると肝臓で処理されずに筋肉中に積極的に吸収され、筋肉の増強、肉体疲労を改善、持久力アップの機能があります。
そして、これらはビタミンB群と一緒に取ることで、筋肉量の効率をよくすることができます。
ローヤルゼリーには必須アミノ酸「BCAA」だけでなく、ビタミンB群も豊富に含まれていますので、効率良く筋肉量の増加が期待できます。

 また、ローヤルゼリーに含まれるβアラニンというアミノ酸は筋肉の疲れをサポートし、補助的な役割をするアミノ酸で、βアラニンから生成されるカルノシンは、疲労物質をたまりにくくし疲労感を少なくしてくれます。
筋力トレーニングや運動をしても疲労感が少なくなるためスポーツ選手や高齢者の筋力づくりに役立ちます。

 毎日の運動に加えて、ローヤルゼリーを摂取して効率よく筋肉量を増やし、いつまでも若々しく動けるようにしたいですね