【人気製品比較】本気のローヤルゼリー

本気のローヤルゼリー

生ローヤルゼリーのメリット・デメリット

健康食品であるローヤルゼリーは非常に栄養価が高く、積極的に摂取したい食品のひとつです。

このローヤルゼリーには食べやすく加工した調整タイプや乾燥タイプというものがあり、
市販されているものの多くはこうしたタイプのものとなっています。

そんな中でも愛好家や健康マニアから根強い人気なのが「生ローヤルゼリー」と呼ばれるもので、
これは女王蜂の王台から採取したそのままの状態のことを指します。
生成されてから72時間以内に採取したものだけが生ローヤルゼリーとして販売されており、何より新鮮さが命となっています。
ミツバチによって作られているのですが、どのように作られているのか気になりませんか?
ローヤルゼリーが作られる過程がこちらで詳しく解説されていますので、よかったらご覧ください。


そんな、愛好家が好む生ローヤルゼリーの魅力とは一体何なのでしょうか?

まずなんといっても新鮮であるがゆえ、含まれる豊富な栄養素が全く損なわれない状態で摂取することができるということです。
生タイプは採取してすぐに瓶詰にされるので、何の加工を加えることなく驚異的な生命力を持つ女王蜂が摂取しているものと全く同じものを摂取することができるというわけです。
保存が効かないという点から、非常に高価であることも多いのですが、それ以上に高い効果を実感することができるという点が、最大の魅力なのではないでしょうか。


では、反対に生ローヤルゼリーのデメリットとはどんな点があるのでしょうか?

まずは少し前述でも触れましたが、保存が難しいという点です。
新鮮さが命である生ローヤルゼリーは、鮮度が落ちると同時に含まれる栄養素も落ちてしまうため、
正しい保管をし、早めに食べきる必要があります。
生ローヤルゼリーの正しい保存方法はこちらにもかいてある通り、基本的には冷蔵庫で保存し、
すぐに食べない分は冷凍保存すると良いと言われています。
冷凍すれば1年ほどは保存できると言われていますが、それでも早めに食べるに越したことはありません。
また、カプセルタイプなどで手軽に持ち運びできる加工されたローヤルゼリーに比べて、利便性が悪いという点が挙げられます。
やはり毎日継続して摂取することが大切なので、出張や旅行が多いという方には不向きであると思われます。
そして何より重大なデメリットが、美味しくないということです。
新鮮であればあるほど強い酸味があり、非常に摂取しづらい味わいとなっています。
少しでも美味しく摂取できるように、ヨーグルトと混ぜたりオレンジジュースと飲んだりと、みなさん様々な工夫を凝らしているようですが、それでもどうしても受け入れられないという人も少なくないようです。
摂取が苦痛だと、継続することは困難となってきますから、そういった場合は飲みやすいカプセルタイプなどを選ぶと良いかもしれませんね。

このように、生ローヤルゼリーにはメリット・デメリットがそれぞれ存在します。
それらを理解した上で継続して摂取し続けることができる方法を選ぶようにしましょう。

生タイプが一番栄養素が豊富で良いのですが、保存が難しかったり味がおいしくないので毎日摂り続けるのが苦手な方には、粉末タイプや他の美容成分と一緒になっている調整タイプがおすすめです。
粉末タイプのローヤルゼリーのメリットはこちらにまとめられています。
また、調整タイプのローヤルゼリーの魅力についてはこちらに載っています。