【人気製品比較】本気のローヤルゼリー

本気のローヤルゼリー

ローヤルゼリーの美容効果 にきび改善

 忙しくなるといつの間にかできているニキビは10代の若い人だけでなく、大人も悩んでいる人が多いです。
ニキビは誰もが知っている身近な皮膚病ですが、このニキビにもローヤルゼリーは効果があります。

1.ニキビの原因
 ニキビはできる場所によって異なる原因があります。

(1)皮脂の過剰分泌
 思春期にできるおでこのニキビや眉間から鼻にかけてのTゾーン、あるいは鼻にできるニキビは、皮脂の過剰な分泌が原因の場合が多いです。
新陳代謝が活発な若い世代は皮脂が過剰になってしまい、毛穴を詰まらせて炎症を起こします。

(2)ホルモンバランスの乱れ
 口の周辺や顎、フェイスラインに沿ったUゾーンにできるニキビはホルモンバランスの乱れによるものが多いです。
月経前やストレス、睡眠不足などにより、普段皮脂の少ないUゾーンも皮脂の分泌が多くなりニキビができることがあります。

2.ローヤルゼリーのニキビへの働き
(1)ホルモンバランスの改善
 自然界でローヤルゼリーにしか含まれないデセン酸には、ホルモンバランスを整える働きがあり、皮脂の分泌を抑制する働きがあります。
また、アセチルコリンには過剰な皮脂の分泌を抑制する働きがあります。

(2)保湿効果
 若い頃と違い、大人になってできるニキビには皮脂量が多いのではなく、肌の代謝が悪くなり、肌のターンオーバーが遅くなって古い角質で毛穴を防いでしまったり、皮膚を守る保湿成分であるアミノ酸が加齢やストレスなどでうまく働かなくなったために、乾燥肌になったことが原因でできる場合もあります。

 肌が乾燥してくると角質層が硬くなり、毛穴が開かず、皮脂も毛穴の中で詰まってニキビになりやすくなります。

 ローヤルゼリーに含まれるデセン酸は肌が乾燥している場合には皮脂の分泌を促進してくれる効果があります。
また、ローヤルゼリーに含まれるアミノ酸やビタミン類も乾燥した肌の改善をし、保湿効果を保つ働きがあります。

(3)肌をキレイにする
 ローヤルゼリー特有の栄養素であるアピシンというたんぱく質には抗老化作用があり、細胞を若々しく保ち、肌のターンオーバーを促進する働きがあります。

 さらに、ニキビが治っても跡が残り皮膚が黒ずんだり、表面がデコボコしたりするニキビの跡にもローヤルゼリーは効果があります。
ローヤルゼリーに含まれる亜鉛には炎症の抑制や肌の修復を助けてくれる働きがあります。

(4)栄養不足を解消
 ニキビ予防にはビタミンやミネラル等の栄養素を上手にとる必要があります。
特にニキビにはビタミン類が必要で、ビタミンAやビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンEなどが有効です。
ローヤルゼリーにはこれらのビタミンをはじめ、ミネラルやたんぱく質などが豊富に含まれています。

3.まとめ
 様々な栄養素が含まれているローヤルゼリーを普段の生活から取り入れて、ニキビ予防や治療、ニキビ跡の改善などの悩みをなくしましょう。