【人気製品比較】本気のローヤルゼリー

本気のローヤルゼリー

ローヤルゼリーの飲み合わせ(ヒアルロン酸)

化粧品などでもよく見かける肌にハリと潤いをもたらすと言われるヒアルロン酸ですが、健康食品として摂取した場合、ローヤルゼリーとの相性はどうでしょうか。

1.ヒアルロン酸とは
ヒアルロン酸は、化粧水やスキンクリーム、入浴剤、洗口液、洗眼液に含まれており、保水力にとても優れている成分です。
1gで6リットルの水分が保持でき、高い保湿力で肌のハリや関節などのクッションの役割をしています。
また、皮膚の真皮層にあり、網目状に張り巡らされているコラーゲンの隙間を埋める基質としても働いています。
ヒアルロン酸やコラーゲンは、真皮にある線維芽細胞から作り出されます。
赤ちゃんの肌に多く含まれていて、40代くらいからどんどん体内で生成できる量が減少していきます。

ヒアルロン酸が豊富に含まれている食品としては、鶏の鶏冠、皮、軟骨、手羽先、豚の耳、魚の目玉、フカヒレなどがありますが、通常あまり摂取できないものばかりです。
野菜にもわずかですが含まれており、山芋、オクラ、納豆、もずくなどネバネバしたものに含まれます。
ヒアルロン酸は熱に弱いため加熱した調理ではヒアルロン酸が取れません。
また、食品に含まれるヒアルロン酸はとても分子が大きいため、食品から直接体内に吸収できるのはわずかだと言われています。

ヒアルロン酸はアセチルグルコサミンとグルクロン酸が結合した糖(ムコ多糖)です。
食品でヒアルロン酸を取り入れると、ムコ多糖は肝臓で単糖(ブドウ糖)に変わり、小腸で吸収されます。
しかし、ヒアルロン酸として皮膚に届くことはほとんどなく、体内のヒアルロン酸が増えることはありません。
つまりヒアルロン酸を食べても体内のヒアルロン酸はすぐに増えません。
ヒアルロン酸の効果的な摂取を期待するならば、食品で摂るよりも低分子のヒアルロン酸のサプリメントを選ぶと良いでしょう。

2.ローヤルゼリーとヒアルロン酸の相乗効果
ヒアルロン酸は食品から摂取しても効果が薄いと言われていますが、ヒアルロン酸の原材料となるタンパク質を中心としたバランスの取れた食事をすることで、体内で生成する力を高めることができます。

また、ヒアルロン酸はコラーゲンと一緒に摂ると効果が上がるとも言われています。
ヒアルロン酸は肌の真皮層にある繊維芽細胞で作られますが、ここではヒアルロン酸だけでなく、コラーゲンやエラスチンなども生成しています。
コラーゲンは真皮部分に格子状の網目のようになって肌の成分を囲い込んでいて、その中にあるヒアルロン酸と肌の保湿力や弾性力を保っています。
つまり、ヒアルロン酸とコラーゲンが充分に生成されていると、肌の新陳代謝の活性化につながります。

ローヤルゼリーにはヒアルロン酸のもとである糖やコラーゲンの原料になるタンパク質をはじめ、ビタミンやミネラルなど豊富な栄養素がバランス良く含まれています。
さらに、若返りホルモンと言われているパロチンに似た類パロチンが含まれており、お肌の新陳代謝を活発にしてくれます。

食品から直接ヒアルロン酸を摂ることは本来難しいですが、低分子ヒアルロン酸のサプリメントを摂取している方は、同時にローヤルゼリーを摂取することで、多少効果を高めることは期待できるでしょう。