飲む人に合わせたローヤルゼリー 子供のためのローヤルゼリー

【人気製品比較】本気のローヤルゼリー

本気のローヤルゼリー

飲む人に合わせたローヤルゼリー 子供のためのローヤルゼリー

 現代の子供達は大人以上に忙しくなってきているかもしれません。
学校が終わると、部活動や塾、習い事など平日だけでなく土日も忙しく、疲れている子供も増えてきています。
そんな子供達にもローヤルゼリーは有効で、次のような効果があります。

1.栄養補給・疲労回復
 ローヤルゼリーには糖質、脂質、タンパク質を始めビタミンやミネラル、必須アミノ酸を含むアミノ酸など40種類以上の栄養素が含まれています。
忙しくてなかなか食事がまともに取れなかったり、偏食気味の子供や食が細くて食事の量が少ない子供などの栄養補助食品として有効です。
また、ローヤルゼリーに含まれるアスパラギン酸は体内でカリウムやマグネシウムの吸収をサポートし、ビタミンB群の働きを良くしてくれます。
ビタミンB群は体内でエネルギーを生産し、疲労物質である乳酸の分解を促してくれます。

2.発育促進
 ローヤルゼリーに含まれているパントテン酸とビタミンB2が新陳代謝を正常に保ち、成長を促進する働きがあります。
この相乗効果により、身体の細胞が活発化し、丈夫な骨や歯などを育ててくれます。

3.免疫機能向上
 ローヤルゼリー特有成分であるデセン酸とロイヤリシンには強い抗菌作用がある物質が含まれており、広範囲の細菌から身体を守ってくれます。
子供のうちは免疫力が弱いので、ローヤルゼリーのこのニ成分は有効に働いてくれます。

 ローヤルゼリーは医薬品ではなく、栄養補助食品ですので副作用などの心配はありません。
ただし、気をつけなければいけない事もいくつかあります。

 子供の場合、大人と違って摂取量に注意が必要です。
過剰摂取した場合、下痢を起こしたりする場合があります。
体調や年齢もありますので、まずは少量から試して問題ないことを確認してから摂取して下さい。
また、子供にアレルギー体質や喘息がある場合、ローヤルゼリーを摂取することはお勧め出来ません。
ローヤルゼリーにはタンパク質が豊富なため、他の食品と同様、アレルギーを引き起こす可能性があるからです。

 最近は飲みやすい味にしたものや粒を食べやすい形状にした子供用のローヤルゼリー製品もあります。
また、乳児の場合ははちみつと同様、乳児ボツリヌス症にかかってしまう恐れがあります。
乳幼児や6歳未満の子供の場合は、子供用のローヤルゼリーを与えるか、無理せず注意して与えるようにしましょう。