【人気製品比較】本気のローヤルゼリー

本気のローヤルゼリー

ローヤルゼリーの飲み合わせ(ワーファリン)

 ローヤルゼリーには副作用という概念は存在しません。
なぜなら、副作用とは薬を服用した場合に本来の効果以外の症状が現れた場合に用いられる言葉だからです。
ローヤルゼリーは薬ではなく食品(栄養補助食品)なので、副作用がないと言われていますが、気をつけなければいけない点が多少あります。
その1つがワーファリンの薬を飲んでいる場合です。

1.ワーファリンとは?
 ワーファリンとは正式名称はワルファリンカリウムといい、血液凝固抑制剤の働きをする薬です。
心筋梗塞や脳卒中、肝炎、肺塞栓症、静脈血栓症、末梢動脈疾患などの疾患に対して処方されており、血液を固まりにくくして血行を良くするため、血管のどこかに血栓などがある人の治療薬としてよく使用されています。

 ワーファリンは風邪薬や痛み止めなどの抗生物質と併用するとワーファリンの作用が強まったり、逆に、緑黄色野菜や海藻、納豆、クロレラ、青汁などビタミンKが入った物質と併用すると作用が弱まります。

2.ローヤルゼリーとワーファリンを併用すると?
 ローヤルゼリーには自律神経やホルモンバランスの乱れを改善し、血液循環を整える作用があります。
また、血液中の悪玉コレステロールを排除し血液をサラサラにして血流を良くする効果もあります。
そのため、ローヤルゼリーはワーファリンの働きを強化してしまい、ローヤルゼリーとワーファリンを服用していた際に怪我をして、血が止まらず出血多量でショック状態になったり、下痢をした際に血も一緒に流れてきたという事例も報告されています。

3.どうしてもローヤルゼリーとワーファリンを服用したい場合は?
 ローヤルゼリーは健康食品なので一般的に副作用はないとして考えられていますが、動脈硬化などの治療薬としてワーファリンを飲んでいる方がローヤルゼリーを併用する場合、一度かかりつけの医師と相談されることをお勧めします。
あるいは栄養補助の目的ならば、ローヤルゼリーに含まれている栄養素を個別に摂取したり、他のサプリメントで栄養を摂るほうが安全です。
自己判断で併用しないように気をつけましょう。