ローヤルゼリーの服用に注意が必要な病気

【人気製品比較】本気のローヤルゼリー

本気のローヤルゼリー

ローヤルゼリーの服用に注意が必要な病気

ローヤルゼリーは健康食品なので基本的には薬のように服用に関して特別注意をしなければならないようなことはありません。
それどころか様々な病気を未然に防いでくれたり、健康を促進するのに大きな役割を果たしてくれたりします。

しかし、中にはローヤルゼリーの服用にあたって事前に注意をする必要がある人もいます。
それは、花粉症などアレルギーを持っている人です。

ローヤルゼリーはミツバチが集めてきた花粉などが原料となっています。
ミツバチがどんなところのどんな花の花粉を集めてきたかはわからないため、人によってはアレルギー反応が出てしまうことがあるのです。

特に喘息やアトピーなど強いアレルギーを持っている方は、事前にかかりつけの医師にローヤルゼリー服用の相談を事前にすることを強くオススメします。
ローヤルゼリーは病気 それ以外の方も、はじめて服用するときは少量ずつから始め、なんの症状も出ないことが確認できてから量を増やしていくようにすると良いでしょう。

ローヤルゼリーは自律神経を正してくれる働きがあるので、中には服用し始めてから花粉症の症状やアレルギー症状が軽くなったという方もいるようです。

ですが、やはり人によっては前述したように逆にひどくなるということもあるので、服用が心配だという方は、自分がどんなアレルギーを持っているのかということを検査しておくと安心かもしれませんね。
その上で、ローヤルゼリーは大丈夫なのかということを相談したり、少量から試していくようにすると良いですね。
ちなみに、栄養価の高さから子どもにもローヤルゼリーを与えたいと思う方もいるようですが、
6歳未満の幼児にとっては毒物と同じです。
というのも、ローヤルゼリーやハチミツにはボツリヌス菌というものが混入しており、これが内臓が未発達である幼児の身体に入ると感染してしまう恐れがあります。
特に1歳未満には絶対に与えてはいけません。
6歳を超え大人になると、免疫力が付いて内臓も発達してくるため、ボツリヌス菌が入っていても全く問題が無くなるので、それまでは与えないようにしましょう。
ローヤルゼリー豆知識こちらの記事も興味深いです。