【人気製品比較】本気のローヤルゼリー

本気のローヤルゼリー

ローヤルゼリーによる病気の予防と改善 不眠

 最近、眠りが浅い、あるいは寝つきが悪いと感じることはありませんか?
ローヤルゼリーは不眠症にも効果を発揮し、高い睡眠効果があるのです。

 平成19年の厚生労働省の調査によれば、日本人の5人に1人に不眠の症状があると言われています。
その原因は、外部の騒音や光などの環境や体内リズムの乱れ、カフェインなどの刺激物による覚醒作用、加齢、うつ病、かゆみや痛みを伴う病気によるものなどがありますが、ほとんどが心理的ストレスによる自律神経の乱れによるものです。

 自律神経には交感神経と副交感神経があり、交感神経は緊張が高まると活発化し、副交感神経はリラックスしている時に活性化します。
眠るときは副交感神経が優位に働く必要がありますが、ストレスで自律神経が乱れると眠る時間なのに交感神経が働いて異常に興奮してしまい入眠困難な状態になります。

 大脳を休めるには睡眠が不可欠です。
睡眠中に成長ホルモンが分泌されて皮膚や髪が作られるので、睡眠不足になると肌をはじめ体調が悪くなったりします。
自律神経の乱れを整えることが不眠対策としては重要になります。

 ローヤルゼリーはビタミンをはじめ、ミネラル、必須アミノ酸、タンパク質など豊富な成分が含まれています。

 中でもローヤルゼリーに含まれるアセチルコリンには自律神経を正常化させ副交感神経を優位にする働きがあります。

 また、ビタミンB群にはストレスによるイライラや精神を落ち着かせる作用があり、さらにカルシウム、ミネラル、鉄分、亜鉛にも精神をリラックスさせる効果があります。

 間脳の視床下部は自律神経の中枢となっており、睡眠ホルモンといわれるメラトニンを分泌させる働きがありますが、自然界ではローヤルゼリーにしか含まれていないデセン酸には間脳視床下部の働きをサポートする働きがあり、メラトニンの分泌や自律神経を調整してくれます。

 睡眠は人が生命維持活動を行う上でとても大切です。
ぜひ不眠で悩まれている方はローヤルゼリーを生活に取り入れてみてください。