【人気製品比較】本気のローヤルゼリー

本気のローヤルゼリー

生ローヤルゼリーの特徴

ローヤルゼリーには、生タイプ・乾燥タイプ・調整タイプの3つのタイプが存在します。
その中でも生タイプは、その名の通り採取したそのままの生の状態であることを指します。

ローヤルゼリーとはミツバチが集めてきた花粉や花の蜜を体内で消化、分解し体外に分泌したもののことです。
王台と呼ばれる女王蜂専用の食卓にこれを分泌するのですが、そこから72時間以内に人間の手で取り出したものだけを生ローヤルゼリーと呼びます。
どれだけ新鮮であるかということが、これだけでも理解していただけるのではないかと思います。

女王蜂は、このローヤルゼリーを食べることで脅威の生命力を維持しているわけなのですが、
これを私たち人間がいただくことでも同じように高い栄養価を得ることができます。

生ローヤルゼリーは、各タイプのものの中でも格段に高い栄養価を誇っています。
そのため、ローヤルゼリーの効能をしっかりと得たいということであれば生タイプを摂取することが一番です。
しかし、生タイプはピリッとした強い酸味があり、非常にクセのある味わいとなっています。
この酸味が強ければ強いほ、良質であるという証拠になるのですが、やはりこの味わいにどうしても慣れることができないという人が多いのも事実です。
なので、そういった方は生ローヤルゼリーをそのまま乾燥させたタイプや、
食べやすくするために味や成分を調整したタイプを使うことをオススメします。

また、生タイプは長期保存に向きません。
原液のままビン詰にされて販売されることが多いのですが、容量が多く、慣れていない人は使い切ることができない場合も多いようです。
保存方法としては、密封して冷蔵庫に入れておくという方法が最も適切で、それでも3か月以内には消費する必要があります。
冷凍すれば1年近く持つとも言われているので、生ローヤルゼリーを購入したらいくつかに分けて冷凍保存すると良いかもしれませんね。

そういった点では乾燥タイプや調整タイプは長期保存が効くという点でも使い勝手が良いと言えます。
このように生タイプは扱いがとても難しいのですが、その分効果は抜群です。
最初は挑戦しやすい乾燥タイプなどから始め、慣れてきたら生タイプに挑戦してみてもいいかもしれませんね。
みなさんもローヤルゼリーで健康効果を高めてみませんか。