ローヤルゼリーによる病気の予防と改善 更年期障害

【人気製品比較】本気のローヤルゼリー

本気のローヤルゼリー

ローヤルゼリーによる病気の予防と改善 更年期障害

 40代半ばになると更年期障害に悩まされる方も多いのではないでしょうか?
更年期障害を治すためにローヤルゼリーを飲まれ始めた方も多いかもしれません。
ではなぜローヤルゼリーが更年期障害にいいのでしょうか。

 更年期障害は閉経に伴って卵巣の機能が低下し、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が急激に減少することで起こります。
閉経はだいたい50~51歳と言われており、更年期は閉経を挟んだ45~55歳の約10年間をさします。
ただし、最近は過度のダイエットやストレスなどにより20~30代で起きる若年性更年期もあります。

 エストロゲンが減少すると脳内の視床下部がうまく働かなくなり、自律神経が乱れて身体に様々な不調がでてきます。
代表的な症状に身体のほてり(ホットフラッシュ)や大量の汗(スウェッティング)などがありますが、他にも月経の乱れやのぼせ、手足の冷え、耳鳴り、頭痛、肩こりなど身体的症状やイライラやうつなど精神症状なども現れやすいです。
症状は個人差があり、ほとんど気にならない症状の人もいれば、日常生活も満足にできないぐらい重い症状の人もいます。

 ローヤルゼリーにはタンパク質をはじめアミノ酸やビタミン、ミネラルなど健康に不可欠な栄養素が豊富に含まれています。
特にローヤルゼリー特有の成分デセン酸は、女性ホルモンのエストロゲンと同じ作用があり、エストロゲンの分泌の低下を補ってくれ更年期障害の症状を和らげてくれます。
また、デセン酸は自律神経やホルモンバランスを整えてくれる効果もあるので、更年期障害の予防も期待できます。
ローヤルゼリーの主成分であるアミノ酸は、女性ホルモンの分泌を促進してくれるので、更年期障害の症状が緩和されます。

 更年期障害で通院すると、自律神経を整える薬が処方されます。
ローヤルゼリーに含まれるビタミンの一種、アセチルコリンという成分は、自律神経のバランスを整え、脳内の情報伝達が活発になり、脳も身体も若返らせてくれます。

 さらに、ローヤルゼリーに含まれる栄養素は更年期障害で現れやすい症状にいろいろ効果があります。
トリプトファンは気分の落ち込みや不安感を解消してくれます。
ビタミンビタミンB1、ビタミンB12、カルシウムはイライラを防止します。
ビタミンB6は生理不順に効果があり、マグネシウムは頭痛の改善に役立ちます。

 実際にローヤルゼリーを更年期周辺世代の女性に4週間摂取してもらったところ、肩こりが軽減したという報告もあります。
(参考:山田養蜂場/岐阜大学 2006年2月共同研究、論文発表)
さらに、ローヤルゼリーを摂取していた人が体温の回復が早く、冷えも軽減するというデータもあります。
(参考:山田養蜂場㈱2008年度みつばち研究助成基金支度研究/愛媛大学大学院2011年2月論文発表)

 そろそろ更年期に差し掛かる方や最近不調が続いていると感じたら、ローヤルゼリーをぜひ取り入れて更年期をイキイキと過ごしましょう。