【人気製品比較】本気のローヤルゼリー

本気のローヤルゼリー

ローヤルゼリーのデセン酸の濃度

 ローヤルゼリーには大変多くの栄養成分が含まれていますが、その中でも特に注目する成分がデセン酸です。
正式名称は10-ヒドロキシデセン酸といい、自然界ではローヤルゼリーにのみ含まれており、人間の体内で作ることができない成分です。
ローヤルゼリーの効能はこのデセン酸によるものが多く、血糖値やコレステロール値の低下、女性ホルモンに似た働きをして更年期障害の予防、がん抑制作用、免疫細胞の活性化などにとても有効な成分です。
デセン酸の含有量がローヤルゼリーの品質といわれるぐらい重要で、デセン酸が多いほど高品質で価格も高くなります。

1.デセン酸の濃度
 (社)全国ローヤルゼリー公正取引協議会では、公正マークをつけるにあたり、デセン酸の含有量の基準を以下のように決めています。
(参考:ローヤルゼリーの表示に関する公正競争規約 平成28年4月1日告示)

  • ・生ローヤルゼリーで1.40%以上
  • ・乾燥ローヤルゼリーで3.50%以上
  • ・調整ローヤルゼリーで0.18%以上

 デセン酸の含有量が上記の数値を満たし、他の基準をクリアしたものがローヤルゼリー製品として販売されています。
ローヤルゼリーが含まれていてもデセン酸が少なければ効果が薄いですし、高価なものでもデセン酸が多いとも限らないのでしっかりと含有量を確認しましょう。

2.デセン酸の含有量の目安
 デセン酸の濃度はパッケージに記載されていますし、インターネットに商品のサイトがある場合はホームページなどで成分表などをチェックすることができます。
ただし、パッケージの表記を確認する際、紛らわしい表記が多く、実際にどのくらいデセン酸が入っているのがわかりにくいものがあります。
その場合、一日当たりの量に換算して比較すると分かりやすいです。

例えば、1カプセル1000mg、生ローヤルゼリー換算1,800mg(乾燥ローヤルゼリーでデセン酸含有率6%)、1日当たり4カプセルが目安のローヤルゼリーの場合、一日あたり1000×0.06=60mgのデセン酸が摂取できます。

 また、参考までに製品のタイプ別の数値を頭にいれておくのも1つの手です。
乾燥粉末カプセルタイプのローヤルゼリーはデセン酸含有率が5~6%と非常に高く、1カプセルで25mg~30mgのデセン酸が摂取できます。
ただし価格は高くなります。

 調整ローヤルゼリーなどによくあるソフトタイプのローヤルゼリーのデセン酸含有率は0.3~1.45%、1カプセル当たりのデセン酸含有量は3~14mg程度です。

3.デセン酸の濃度が高い方がいい?
 ローヤルゼリーの成分を効果的に得るにはデセン酸の濃度は高い方が有効です。
しかし、デセン酸の含有量が多いものほど酸味や渋みが強くなり、生では特に摂取しにくいかもしれません。
また、価格も高額な商品が多く、続けていくには負担が大きくなる場合もあります。
飲んですぐ効くという医薬品のような効果があるわけではないので、長く続けていくためには含有量は劣りますが乾燥ローヤルゼリーや調整ローヤルゼリーなどを用いるなど、含有量だけでなく自分の生活スタイルにあった製品を選びましょう。