【人気製品比較】本気のローヤルゼリー

本気のローヤルゼリー

ローヤルゼリーによる病気の予防と改善 腎臓病

 ローヤルゼリーは腎臓病などの症状にも改善効果があると言われています。
腎臓病は国民の8人に1人かかっていると言われており、新しい国民病として認知され始めました。
腎臓病とは腎臓の糸球体や尿細管が冒され、腎臓の働きが悪くなる病気で、原因や症状が違う様々な種類があります。
腎臓は一度機能を失うと、回復しない場合が多く、慢性腎不全という病気になりますが、早期に発見治療すれば、腎臓の機能低下を防いだり、遅らせることが可能になります。

 腎臓の働きは体の中の代謝によってできた有害物質を尿としてろ過して排出します。
うまく働かないと尿素やクレアチニン、尿酸、ナトリウム、カリウムなどが体にたまってしまい、結果として尿毒症状を引き起こし、むくみやだるさ、尿に異変が現れます。
中年を過ぎると、動脈硬化、糖尿病、通風などを伴って腎臓病を発症する場合もあります。

 腎臓病の多くには急性のものと慢性のものがあり、その症状も違えば治療法も異なります。
腎臓病の進行を抑えるには食事療法が何よりも有効とされています。
一般的には減塩、減水、ビタミン・ミネラルを豊富に摂る、たんぱく質制限、エネルギーを十分に摂るなどですが、食事療法は腎臓病の症状によって異なります。
 
 腎炎にかかった場合は、必須アミノ酸が不可欠で、不足するとタンパク質の代謝がうまくいかなかったり、身体のタンパク質が壊されてしまい、老廃物が蓄積されます。
必須アミノ酸が豊富に含まれているローヤルゼリーを摂取することで、慢性腎炎が2週間で改善したという報告もあるようです。

 また、糖尿病の末期症状として腎不全といった合併症が置きる場合もあります。
ローヤルゼリーに含まれる10-ヒドロキシデセン酸は膵臓のインスリン分泌に作用し、体内の糖代謝をサポートして糖尿病や腎不全の予防効果があります。

 腎臓病にならないためには、ストレスのかからない生活、上手に脂質をコントロールする、肥満防止などがあげられます。
 ローヤルゼリーには自律神経・ホルモンのバランスを整え、ストレスを緩和し、さらに循環器をはじめ腎臓、副腎などの臓器全体の機能も向上させます。
特にγアミノ酪酸やアセチルコリン、10-ヒドロキシデセン酸などが有効です。
 
 腎臓病は悪くなると治すのが難しい病気ですので、生活習慣をはじめ、ローヤルゼリーを取り入れた食生活で日頃から予防していきましょう。